« 2006年4月 | トップページ | 2007年1月 »

2006-05-23

念ずれば花開く・・・・途中。

おはようございます、皆様。

昨日は月組の友の会抽選発表がありました。

遂に当たりましたよ、月組。・・・・・・・新人公演が。
あぁ苦節数年、初めての月組当選。

本公演は当たんなかったけど、初めて友の会で月組当たったから嬉しいですよ。本公演の方は一応貸切取れてるし、まぁ何とかなるだろうって感じで。次は本公演が当たるといいな。

公式さっき見てみたら、宙組のスターファイルが何だかゴージャスになってるなー。かしちゃんもう宙組かぁ。宙バウのえりこちゃんの写真が・・・・・コワイ。ポスターは良い出来になるといいですねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-05-22

アタシの脳年齢。

ウチの母上が『ニンテンドーDS』の『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』をやっていた。んで、「アンタもやってみなさいよ」って言ってきたのでやってみたら・・・・

48歳。



いや、そんなんでもいいけれど・・・・。
脳内の年齢は30代くらいにはしていたいではないか・・・・。
ってゆーか、誕生日入力したりしてるからこの年齢・・・・?
もっと鍛えるしかないな・・・・・・。
と、思うツボなアタシなのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-20

悩んだ結果、黄泉の世界へ。

なんだか来週から超忙しい状況になりそうなので、このままだとブログの更新も危ない気がしてきている・・・・・。

ってなコトを書きつつ、実は数少ない観劇可能日が来週の月曜日だったのですが。月組公演観ちゃおうか、ってな感じで「いざとなったら当日券あるしぃ~」とか何とか考えながらも2、3日前からネットをチョコチョコ見ていたんだけど・・・・・・・そこでかなり悩んだアタシ・・・・・・。だって・・・・・だってその日は東宝『エリザベート』のキャスト、武田トートになってたんだも~ん・・・・・・。

あ、そういえば一路さん御結婚おめでとうございます。

ってな感じで、まぁ話は戻るんですが悩んだ結果『エリザベート』を選択したアタシ。しかしもちろんチケットは無いワケなんで・・・・・・。まぁその辺りは頑張ったな、アタシ・・・・ってコトで。

月組公演もね、もちろん観たいんですわ。ってゆーか、ユーヒ氏見たいって気持ちも山盛りモリモリなんですよ。でも『エリザベート』は今月だけだし・・・・・武田トート、次あるのか確実じゃないし・・・・・・。ってな言い訳をしつつ、月曜日は『エリザベート』観劇に行ってきます。

あ~ホント、来週からどうなっていくのやら。がんばろ。

5/20発売の宝塚歌劇のDVD↓

■DVD■

あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール(DVD)
あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール(DVD)

あかねさす紫の花/Cocktail(DVD)
あかねさす紫の花/Cocktail(DVD)

ベルサイユのばら 役替わりステージダイジェスト アンドレ/瀬奈じゅん(DVD)
ベルサイユのばら 役替わりステージダイジェスト アンドレ/瀬奈じゅん(DVD)

ベルサイユのばら 役替わりステージダイジェスト アンドレ/水夏希(DVD)
ベルサイユのばら 役替わりステージダイジェスト アンドレ/水夏希(DVD)


あと『宝塚GRAPH』も発売されてましたねぇ。マリー・ハナフサのサヨナラ特集。昔のステージ写真とか見ると、やっぱり可愛いよなぁ。ってゆーか、最後までタカコさん命ってのが感じられる特集なのだわ・・・・・。まぁマリー・ハナフサらしくて良いが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-05-17

久しぶりに『プリマダム』ネタ。

以前から時々書いてる『プリマダム』ネタ。相変わらず野球の延長を気にしつつ、毎週楽しみに見ているのですが。

今日の放送の最後で「最終回の発表会は生放送!」とかなっててビックリした。公式HP見たら、告知していたエキストラ募集、ホントに掲載してあったので本気で生放送でやるつもりらしい。

日本テレビ内『プリマダム』公式HP


見たいよ。かなり。
連ドラの最終回が生放送ってゆーのも珍しいですねぇ。
今日も匠センセェは素敵だったわ。



え~っと、あと宝塚ネタは~っと。
『スカイ・フェアリーズ』の第5期生が発表されていた。アタシはスカステ視聴をしていないのであまり関係ないんだけれども。まぁ過去のメンバーを見ると劇団からプッシュされる子達なのかな~?とかは思う。


う~んと、他は『ENAK』でタカコさんのさよなら特集ってゆーコトで、今までの「STAGE GRAPH」がまとめられていた。

ENAK『サヨナラ 和央ようか特集』


懐かしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-16

音楽配信やっときたよ。

本日『TCAミュージック』さんから新曲追加情報のメールがきたので見てみると、期待通り「特集 COLLABORATION」で、春野サンの『世界の終わりの夜に/作曲:YOSHIKI』が追加されていた。ってな感じで早速ダウンロード。


このブログの右バナー「宝塚歌劇の音楽をダウンロード」には「Mora[モーラ]」「iTunes」「OnGen」「楽天ダウンロード」のリンクを付けてありますが、アタシは全部利用しているものの、基本的には「Mora[モーラ]」でダウンロードするコトが多いデス。理由はただ単に以前から利用しているので操作に慣れてるからですが。「OnGen」は「楽天ダウンロード」から利用するコトが多いかなぁ。


まぁそんなんで、今回も「Mora[モーラ]」を利用。なんか曲の最後の辺りの「さよなら・・・・」っちゅー歌詞のトコで「プチプチプチ・・・・」ってゆー音が入ってるんだけど、何でそんな音入ってるんだろ??って思って気になったのでDVDで確認。この歌が使用されているのは『TAKARAZUKA舞夢!』「第19場 ゼウスの涙」。

んで、おーおー!思い出した!!最後に金色のがパサパサと上手、下手、センターと順番に降りてきてた、そういえば!あの音が入ってるのか。ナルホド。



ついでだったからショーをDVDで再生しながら今現在記事を書いております。このショーの他の見所も思い出してきた。男役黒タキ祭りと、らんとむ氏の「筋肉~♪」だったな。あの「筋肉~♪」のインパクトは多分ずっと忘れない。ってゆーかちはるサンがいるよ・・・・・カッコイー。春野サンは『世界の終わりの夜に』を歌う時、あきらかに気合が入っとりますな。


う~んと、あと追加されたのは

●特集「COLLABORATION」←ココに春野サンの曲
●OG特集第2弾「姿月あさと」

ずんこサンのも何かダウンロードしようかな。
来月は『和央ようか特集第3弾』っつーコトで、遂に「ファントム」が登場すんのね。CD持ってるからアタシはダウンロードしないけれども。っつーか、11曲ってライブCD並みだなぁ。DS『Believe』の「琥珀色の雨にぬれて」はチョット聴いてみたい気もする。

まぁ、そんなこんなで便利な世の中になってきましたねぇ。


ヅカ公式に本日新しくアップされてるネタは雪組全ツ『ベルサイユのばら』の配役発表と星組『コパカバーナ』の公開稽古の模様ってな感じですね。星組『コパカバーナ』のポスターは何度見ても星組独特のギンギンギラギラ暑苦しさ満開で非常に良いですなぁ。




今日は最近調子の悪いニフティ・ココログさんのとっても可愛いテンプレートが公開されていた。

ココログデザイン『トホホな犬』

ぶっちゃけ「トホホ」ってアンタ自虐ギャグなのか?とニフティさんのお問い合わせ窓口でお伺いしたい位に最近のココログは調子悪くって、夜9時以降はまともにブログの更新できない状態なんですが、『トホホな犬』はカワユイね。


ま、そんなんなので本日は早めの時間に記事アップしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-15

ふわふわまおまお。

ってなコトで、本日テレビ東京で『キノシタグループカップ フィギュアスケートジャパンオープン2006』を放送していた。


テレビ東京公式HP
『キノシタグループカップ フィギュアスケートジャパンオープン2006』




観にいきたいなぁって思ってはいましたが、無理だったんでテレビで我慢。

とりあえず今回の放送で思ったのは、フジテレビより全然ヨカッタってゆーコトとか、相変わらず八木沼サンはしゃべりすぎでウルサイってゆーコトとか、何でエマニュエル・サンデュだけカットされたのかなーってコトとか色々あるけれど、まぁ何しろCM・・・・・・。理解はしますが、栗原さんが夢に出てきそうなほど同じCM繰り返すのは勘弁して下さい。



欧州チームはこれまた美男美女チームで凄い・・・・・。麗しいチームだな。特にコルピちゃんはカワユイ。ヤグディン『仮面の男』だったのね~。ソルトレイクを思い出してしまった。ってか、あの時の演技を見たくなったので後で見よう。なんつーか、当たり前だけど動きはやっぱり当時とは違うんですが、相変わらず華のある人ですねぇ。ランビエール氏は少々疲れている感じ?演技のキレがあまり良くなかった気が。マイヤーちゃんはホントにスタイル良いなぁ。あの「ボディにピッタリ衣装」は他の方では着こなせないでしょう。



北米チームはアレだね。サンデュ氏がカットって何ででしょう?その辺不明なんですが、まぁおいといて。バトル氏は相変わらずカワユイ王子様だわね。そしてロシェットは相変わらず逞しいのね。この方はがっちりした体型だからかもしれないけど、ジャンプがキマるとカッコイイんですよね。『愛の賛歌』って雰囲気の人では無い気もするが・・・・・・。シズニーちゃんはカワユイなぁ。ジャンプ転んじゃってたけど。身体柔かいですねぇ。


え~っと、日本勢は・・・・・。

安藤サンは痩せたねぇ~!ビックリした。トリノの時期は一体何だったんだろう。ジャンプは1回コケちゃったけど、そのジャンプ以外はほぼ安定してしっかり出来ていたし、以前の状態にもどってきてるのかな?実力はあるのだから、このまま頑張って欲しい。あと、素顔は可愛いんだから、あの魔女的なお化粧法はチョットどーにかした方が良い気もしますが。今回は髪型も似合っていて可愛かったし、お衣装も、曲にも安藤サンの雰囲気にもとても合っていてヨカッタ。


本田氏はトスカ・・・・・。プルシェンコを思い出してしまった。って、本田氏って考えてみるとソルトレイクでヤグプル時代のオリンピックで4位って凄いよなぁ・・・・・。先日「大きくなられたのかしらん・・・・」って思っていたのですが、少し戻ってきているみたいだった。ヨカッタ。


え~っとあとは高橋クン。高橋クンにはぶっちゃけあまり興味ないんですが、トリノよりも全体的に良く動いていたと思う。


真央ちゃんは相変わらず可愛かった
チョット一時期、調子悪くなってたみたいだけど、今回の演技を見る限りジャンプの安定感が以前より増してきてるんではないだろーか。あと、お衣装はお姉サンの舞チャンのなのかな?あーゆー感じのモノもスタイルが良いから似合うなぁ。ってゆーか、足なが~。『ふわふわマオマオ』の絵本見てみたい。


最後の荒川さんの日本勢へのインタビューは素の部分が垣間見れてなかなかヨカッタ。あと表彰台(ってか銅メダルもあるんかい)のヤグディンの動き・・・・・・面白い人だ。


ってゆー感じで、今日は久しぶりにテレビでフィギュアスケートを見て楽しめた。そろそろ村主さんのスケート姿もテレビで見たいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-14

高い評価を得ている・・・・・・・

本日、テレビ朝日『SmaSTATION-5』で、例の「宝塚歌劇団特集」第2弾が放送されたんだけれども、第1弾の方が映像的には良い映像だった、ってゆーか、ヅカファンには満足度が高い映像を使ってくれていたと思う。

今回放送の公演映像は『ファントム』他、もっとイイ場面あるし。でも、民放の番組なのに比較的綺麗にまとめてくれてあったし、色々な公演、劇団の紹介をドシドシ詰め込んでくれてあったからこんな感じが限界か。

今回はタカコさんの千秋楽の映像を少し流してくれたってコトと、舞台裏映像もあったのでそれなりに満足。あと、ユーヒ氏出演場面の映像流してくれて、テレビ朝日さんアリガトウ・・・・・・

しかし『宝塚大劇場月組公演「暁のローマ」-ジュリアス・シーザーより-』を「高い評価を得ている」と紹介していたけれど、本当なのだろうか・・・・・。アタシにとってはユーヒ氏がソコに存在している限り、その公演はアタシの中では何もかもが高評価になるんだけれども、客観的に、冷静に判断して「高い評価を得ている」状況とはあまり感じられないんですが・・・・・。ってゆーか、まだ今日が公演2日目、明日が3日目だから「高い評価を得る」ってゆー状況ではないんじゃないだろーか。まぁいいか。

ぶっちゃけ今回放送されたあの映像からでは何とも判断しかねるんですが、どうなんだろう・・・・月組公演。お芝居のお衣装はあまりアタシ好みの世界ではないんだけど・・・・・・。ロック・・・・・ラップ・・・・・・微妙に心配だ。



あと、今日花組新人公演『ファントム』の新公主演が発表されてた。華城季帆チャンのクリスティーヌは期待できるのではないだろうか。歌上手いし。

って新人公演といえば、月組はアタシが若手サンの中でかなり期待しているマギーちゃん、白華れみちゃんが今回新公主演になっている。あ、マサキちゃんも好きですが。あと、若手オススメの明日海りおちゃんも、きりやんの役なのでオイシイ役どころなのではないだろーか。

マギーちゃんは、あの爽やかなエロ(なんじゃそれ・・・・)が良い。ダンスも上手いし。白華れみちゃんは、スタイルが良いトコロも好きなんですが、宝塚の娘役らしい雰囲気を持っているトコがとってもカワユイ。いつまでもあの雰囲気を大切にして欲しいのだワ。明日海りおちゃんはあの学年にしてはキチンとお芝居も出来てるし、今後が楽しみ。

ってゆーコトで、今回の月組公演、新人公演をすっごく観劇したい。大劇場は日程的&チケット事情で観劇するコトは難しいから、東宝の方を何とか観劇したいなぁ・・・・って思ってるんですが。やっぱり無理かなぁ・・・・・。

ってゆーか、その前に本公演どーにか観なさいよってな感じなのでありました・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-12

武田トート版東宝『エリザベート』観劇【その2】

まず、本日は月組公演、大劇場初日です。
おめでとうございます。

明日のテレビ朝日『SmaSTATION-5』で、例の「宝塚歌劇特集」第2弾、続編が放送されるみたいなんですが、内容説明のトコロに

「最新の大劇場公演の模様も紹介 宝塚大劇場月組公演「暁のローマ」-ジュリアス・シーザーより- 「レ・ビジュー・ブリアン」-きらめく宝石の詩-」

ってな風に書いてあるので、明日放送して下さるのでしょうか?楽しみ~。絶対見よう。録画準備をっと・・・・・・・。ってゆーか、やっぱり無理しても1回は大劇場で観劇しておきたいなぁ。初日の幕が開いたら余計にそう思う。ユーヒ氏・・・・・・3月から、もうずっとお会いしていないワ・・・・・。チケットは、大劇場だから何とかなるかなぁって考えてはいるんですが・・・・・・。

東宝は、とりあえず行けそうな貸切日を押さえてあるんだけど。あとは友の会でチケット確保出来ればいいんだけどな。




さて、話は変わりタイトルの件ですが。
いやね、観劇予定もう無かったんです。前回の記事にも書きましたが、チケット無かったし。

が、やはりヅカファンであるコトをオープンにしておいてヨカッタ!!アタシが過去に宝塚版『エリザベート』のDVDを貸してあげた方から

「ねぇ、もう東宝の『エリザベート』観にいった~?」

と連絡があり、アタシは既に武田トートを観劇しましたヨ~ってな返事。

「んじゃ、明日は行かないかぁ~」

ハァ??ってゆーかなんでしょう?と聞いてみると

「いやね、一緒に行く人がどーしても都合悪くなっちゃったってゆーからさー。どうせだったら、やっぱり『エリザベート』好きな人と観たいからさぁ~」

とのコト。

「ってゆーか・・・・・めちゃめちゃ涙がでそうなホド行きたいけど、明日ってソレはいくらなんでも急すぎるでしょ~、ムリムリだよ・・・・・・・・って明日大丈夫なんですけど~~~~!!!」

とゆーワケで、観劇に行ってきました。しかもまたも武田トートだよ~!!超嬉し~!!超ラッキー!!あぁ、本当にアリガトウ


5/11 13:00公演
■キャスト■
エリザベート:一路真輝
トート:武田真治
フランツ:石川禅
マックス:村井国夫
ルキーニ:髙嶋政宏
ルドルフ:浦井健治
ゾフィー:初風諄
子ルド:笘篠和馬

え~っと、今回も他のキャストさんはコチラでご確認を。
前回のキャストさん達と、トート閣下の武田クンと子ルド以外は全て違うので、アタシは山口トートと子ルドの役代り以外は一応観れたってコトになるのですね。今回は1階席でした。ここからはネタバレ有り。

感想としては、やっぱり武田トートはいいわぁ・・・・・。何度見てもあの大胸筋・・・・・・ステキ。今回、最初の歌のトコで「え?チョット・・・・・テンポが・・・・・微妙にズレてる感じ・・・・・速く歌いすぎてませんか・・・・・」って心配になっちゃったんですが、途中で上手く合ったので一安心。なんつーか、母性本能を刺激するトート閣下だわ。あの口を「パカッ」ってあけて笑う邪悪顔が好き。んで、ソレが何かに似てるんだけど思い出せない・・・・・・最初は『魔王ダンテ』かなぁって思ったんだけど、何か違うんですよね・・・・・・・なんだろ?


一路サンと高島サンについての感想は前回とあまり変わらず。アタシは今回の日生劇場での公演が東宝エリザ初観劇になるんでよくわかんないんですが、高島サンはずっとあんな感じなのだろうか?セリフまわしとかが、チョット時代劇の舞台風でもある様な。おかしくはないですが、やっぱりセリフの部分が聞き取りづらかったかな・・・・・・前回は2階席だからかな~?とか思ってたんだけど。一路さんは前回同様、とってもヨカッタです。

え~っと、あと浦井サンはカッコよかった。すっごくスタイルの良い方ですねぇ。最初「オデコにあるの、何だろう・・・・・?」って気になったんですが、マイクでした。やっぱり汗かいてたから(パク・トンハさん程ではないが)ルドルフのお衣装を着ると暑いのだろうか?

フランツはお2人共、イイ声。ヅカ版ではこの辺はどーしても味わえないからなぁ。あと、ゾフィーはアタシ的には寿サン版の方が好みかなぁ・・・・・。初風サン版もよかったですが。あ、あと昨日は色々な方が観劇に来られてました。



ってダラダラとよくわからん感想を書いてるんですが

Tp



買っちゃってるよ・・・・・・。
アタシ武田トートのポスター買っちゃってるよ~。
いや、だってちはるサンのメイクだし・・・・・・武田トート素敵だし・・・・・・。もう完全にハマっている・・・・・。アヤシゲ&摩訶不思議な動きをする武田トートに。

っていいますか、東宝の『エリザベート』にもグッズとかあるなんて知らなかったですよ。結構色々とあるんですねぇ。マグネットとか。武田クンのはアタシが見た時にはポスターしか無かったのですが。他に販売していたのは今までの舞台のDVDでした。

ところで、東宝版『エリザベート』ってDVDで販売してくれないのですかねぇ。今回は誘って頂いて結果的に2回観劇できたのでラッキーだったけど、流石にもうそんなコトも無いだろうし、チケットも無いからな~。DVD発売してくれればいいのに。今度東宝ミュージカルとしては初めて『ベガーズ・オペラ』のDVD販売するみたいだし、東宝ミュージカルもこれからDVD化して下さるとありがたいのだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-09

武田トート版東宝『エリザベート』観劇。

っつーコトで、昨日観劇。感想など。ネタバレあり。
アタシが一番最後に『エリザベート』を観劇したのはさえちゃんの退団公演の東京千秋楽なので、丁度1年くらい前ですね。

E





←プログラム。
5/8 13:00公演
■キャスト■
エリザベート:一路真輝
トート:武田真治
フランツ:鈴木綜馬
マックス:村井国夫
ルキーニ:髙嶋政宏
ルドルフ:パク・トンハ
ゾフィー:寿ひずる
子ルド:笘篠和馬



まず、アタシが超々期待(心配!?)していた武田トート。昨日の宣言通りガッツリとオペラで、それも「ズーム!ズーム!・・・・更にズーーム!!」と、ズーム付きオペラで拝見してきましたよ。2階席の時は特に必須アイテムだわ。宝塚で鍛え抜かれた、特に月組『エリザベート』で鍛え抜かれたアタシの両腕。なんせアタシのご贔屓ユーヒ氏はルドちゃんだった為に短時間に集中しますからね、舞台に出ている時間が。



ってゆーか、話を戻して。
アタシ的にはかなりイケてた・・・・・武田トート。あの大胸筋・・・・・本物かしら・・・・・・・プルシェンコみたいに着ぐるみじゃーないですよね・・・・・ウットリ・・・・・・。って、まぁ大胸筋もとっても素敵だったんだけれども、武田クンは今後、かなり楽しみな人ではないでしょーか。え~っと、あと何公演?・・・・・・・9!?超もったいなーい!

ぶっちゃけ、歌は最後のキメ部分とかが何かポーズがフラつくってゆーか、ノビてる感じになっちゃったりした部分もあったけど、その辺りは歌いながら芝居するってゆーミュージカルに慣れてないってコトで仕方ないし。難しいトコ歌う時に、振りの動きがチョットぎこちなくなっちゃったりするんですよね。始まったばかりで、まだ客観的に見た自分自身の姿・動きとかがわからないか、余裕がそこまで無いからかな~とは思うけど。

でも、技術的に云々・・・・ってのはあっても、あそこまでにしたのは「ホント、頑張ったのねぇ」って、なかなか凄いと思いました。全体的には音もはずしたりしないし、「こーゆー風に表現したい、みせたい」ってゆー方向性ってゆーのが、やっぱり色々と演じてる人なんでしっかりあったのではないかと。なんかキチャッテル高笑いもイイ感じ。あと、声の質がアタシが思っていたよりも綺麗だったのでビックリした。

気になったコトといえば、ブーツかなぁ。何となく長さと形が気になった。鬘で頭にボリュームが出るから、バランス的に宝塚で言う「スターブーツ」風な踵が高くてピタッとしてシュッ(擬音でスマン)っとしてるタイプの方が合う気がしたけど・・・・・。

あ、「スターブーツ」とゆー物体がわからない方の為に一応書いておきますと、宝塚のトップスターさんがよく履いている膝上まであって、普通とはチョット違う形をしてるブーツです。

ENAK月組『エリザベート STAGE GRAPH』

↑コレは2005年の宝塚月組公演の『エリザベート』なのですが、ココでトート役の彩輝直(今現在は「彩輝なお」)さんが履いてるブーツを何種類か見るコトが出来ます。でも、宝塚以外でここまでハデハデにやったらやりすぎなので、こ、こんな感じね、感じ。シュッっと。イメージです。いかにスターさんを美しくスタイル良く、カッコよく見せるかってコトに命を懸ける、宝塚衣装さんに作ってもらったらどうだろうか。やはり男性は無理だろうか。


とにもかくにも、アタシの大好きな『アヤシゲ・摩訶不思議系な表現&動きのトート像』で、凄くヨカッター。大・大満足サ!久しぶりに拝見したわ~、アヤシゲ系。衣装もシースルーとか・・・・・胸元がほしのあきチャンみたいにガーッとなってる衣装だったり・・・・・いいねぇ大開襟!(オヤジかアタシは・・・・)。あ、そういえば昨日コート脱ぐ時に一緒にブラウスのホックまで一個はずれちゃって、襟元がブラーンとした感じになっちゃったトコありました。別におかしくなかったけど。因みに、アタシの一番気に入ったお衣装は、多分プログラムで着てるのと一緒(なのかな?)の、黒いレースのデス。メイクも合ってましたよ~。

アタシは宝塚ファンなので、どんどん成長していくのを見るコトを楽しめたりしてるから「また武田トート観たい~!観たい~!」って、物凄く思ったんだけど、チケット大変なコトになってるね・・・・・。今回はもうあきらめよう・・・・・・。


う~んと、あと一路さんは・・・・・・やっぱり凄いなぁって感じでしょうか?
正直、オペラで少女時代をズームズームのアップで見るのはやめた方がいいのかも・・・・ってな風には思いましたが、オペラを使用しないで観ているとホントに少女みたい。あれが演技力ってヤツでしょうか。私だけにのトコは特に良かったかな。あと、一部の最後に扇子を「シュッ」って顔の前にやる仕草はカッコイイですね。

あ、あとですね、他の方で気になったコト2点。
ルキーニ役の高島さんは、少しセリフが聞き取り辛いかも・・・・・。歌の時も少しソレが気にはなるんだけど、普通のセリフの時の方が何を言ってるのか、ハッキリわかんない部分がチョットあったかも・・・・・。役作りは「高島ルキーニはこういう感じなのか、ナルホドナルホド」。もう自分の役を見つめる余裕がかなりあるのかな、って感じでした。

もう1点は、パク・トンハさんは汗かきサンなんだ~ってコトです。それだけなんですが。


東宝エリザは黒天使ダンサーズもシースルー衣装でエロかったり、マデレーネも半ケツのお衣装だったりとか子ルドがホントにちびっ子だったりとか、宝塚版では見るコト出来ない場面とかお衣装とかも多いのでとても面白かったデス。

東宝『エリザベート』公式ページ

↑「武田トートのQ&A」と初日レポとか更新されてますね。


あー、やっぱりまた武田トート観たい~~~~。
でも無理~~~。
ってゆーか、大劇場の月組公演も無理になりつつあるし~~~。


そう、12日からの月組公演。
アタシ今回大劇場の期間、無理かもしれない。
お茶会の日は絶対にもう無理・・・・・。

ついでなので書きますが、友の会はやっぱり当たらなかった。でも、知人に頼まれた宙組の大劇場初日&雪組全ツが当たっている・・・・・・。別にいいんですが・・・・・。感謝してます・・・・・。チョット前まで全然当選しなかったコトを思えば・・・・・。当たって嬉しいんですが・・・・・。一度は月組公演に当選させて欲しい・・・・・(切実)。

ってなコトで、チケットは今のトコロ購入していないのですが、まぁ大劇場だから「あ!観に行ける!」ってなった時に買えるかなぁ・・・・・って思ってるんですが・・・・・。甘いかしら~??

★★★★★ 更新 ★★★★★ 2006.05.12
追加記事アップ↓

武田トート版東宝『エリザベート』観劇【その2】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-05-07

明日は宙組千秋楽、アタシは『エリザベート』

いやぁもう、いつも後で確認したりなんか全然しないアタシなんですが、めずらしくも昨日の記事見直してたら『リロ&スティッチ』の「リロ」を「オハナ」とか書いちゃってて自分でビックリしましたよ。「オハナとフラ」って書いたあとだったんで、勢いで書いてしまったのかもしれないが。「オハナ」じゃー宝塚のマリー・ハナフサになってしまうではないか。マリー・ハナフサとフラダンスってのも想像すると面白いな。

あ、因みに「オハナ(Ohana)」とはハワイ語で「家族」って意味だそうです。
あ~、確認してヨカッタ。いくら眠かったとはいえ、アタシ疲れてんのかしらん。しかし何時間もそのままだったとは・・・・・。ハズカシー。


まぁ気をとり直して。
本日は宙組の前楽、明日は千秋楽ですねぇ。早いな~、ってゆーか、タカコさんもフサさんも、ホントに退団しちゃうんですねぇ・・・・しみじみ。金太郎飴の様にどのビデオにも出てきていたマリー・ハナフサがいなくなるなんて、なんだか不思議に感じてしまうのだけど、そんな気分になっちゃうのもまた不思議なのだわ・・・・。とは言えまだ東京公演あるし、体調に気をつけつつ宙組の皆様には頑張って欲しいですね。


んで、アタシは明日ついに!武田トート版東宝『エリザベート』観劇にいってまいりマスすっごく楽しみだわ~。イケてるのかしら~?歌とかは大丈夫そーなんでしょか?ワクワク。

まぁ以前も書いたけど2階席でひっそり拝見になるのですが、オペラでジックリ武田真治氏のトート閣下を観てきたいと思っておりマス。

え~と、あとは今週『アンジェラ』の試写会が。面白いんだろうか。前回参加した試写会『デュエリスト』では、全く事前に情報収集をしないで見にいってホントに大失敗の巻だったので、今回は行く前に適当に色んなサイト見てから行こうと思ってマス。

何はともあれ、明日の千秋楽。
宙組さん&ファンの皆様にとって素敵な1日となりますように。

じゃーもう激しい睡魔に襲われているので寝ます。
昨日みたいに誤字あったらスマンです。
おやすみなさ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ムービーの『オンラインシアター』

先月の末くらいから始まってるみたいなんだけど、とりあえず今月から『ハリウッド見放題コース』とやらを購入してみた。以前『バンド・ワゴン』のDVD買おうと思ってたんだけど、結局買わず、見てないままだったんで。

『ペイパービュー』の選択があればそっちでもヨカッタんだけど無かったし、まぁ『ハリウッド見放題コース』ってのは結構たくさん作品があるみたいだから、いいかな~って思って購入するコトにした。『バンド・ワゴン』のあとは『グランド・ホテル』にしようかな~。今ってレンタル屋さんに行かなくても、こーやって色々なトコで映画見るコトできるから楽ですよねー。『チャーリーとチョコレート工場』なんて、ついこの前DVDで発売されたと思ってたらもう配信できるんですもんねぇ。さすがに作品数はレンタルのお店とかより少ないんですが。便利な世の中になってきたもんだ。

Yahoo!ムービーの『オンラインシアター』


ところで、今ディズニーランドで例の如く夏のイベントをやってるみたいなんだけど、今年って『リロ&スティッチのフリフリ大騒動』ってゆー『リロ&スティッチ』主役のイベントなんですよね。んで、アタシは結構『リロ&スティッチ』が好きなのでディズニーのHPを見にいったら「フリフリダンス」とやらをニッコリ笑顔でミッキー君&ミニーさんが踊っているムービーが見られるんですワ。

これが、なんか可笑しくってさー。スタジオみたいなトコで収録してるんだと思うんですが、NHKの体操ビデオみたいな感じなのに、ディズニーランドで見るのと同じ、笑顔全開のミッキー君&ミニーさんなんだもん。「オハナのフラ」って方も見てみたんだけど、スティッチはデカイなぁ。といいますか、リロもデカイな。

『リロ&スティッチのフリフリ大騒動』



ディズニー/リロ&スティッチ2 オリジナル・サウンドトラック・アンド・モア~アイ (C)Disney
【楽天市場】Asahi Record
ディズニー/リロ&スティッチ2 オリジナル・サウンドトラック・アンド・モア~アイ

スティッチカワユイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-05

『美しさは罪』に翻弄される。

さて、そんな感じで皆さんは深夜

「あ~っ!今すぐあの曲聴きたい~っ!!」

ってなるコトはありませんでしょうか?アタシはよくあるんですが。
以前、突然真夜中に

「あ~っ!郷ひろみの『2億4千万の瞳』聴きてぇ~っ!!」

とかなったんですワ。
んでもって、どーしても聴きたくなったモンだから「やっぱりココは『Mora』かな?」とか思ってダウンロードしにいったら無いんですよ。んで「あれ?じゃー『iTunes』か」っていってみたけどやっぱり無くって「マジ?じゃー『OnGen』?」ってココにもカラオケしか無い。「じゃぺぁ~ん」が聴きたいのにカラオケじゃー仕方ないしってんで、他のトコも色々探したんだけど無いんですよね~。某ソフトとかも入れてないから無理だし。

「まぁいいかー」って思って適当に山野楽器のHPで最初の部分を試聴してあきらめたんですが。レンタル屋さんもやってない時間だったし。ビックリしたんだけど、郷ひろみって一曲もダウンロード出来ないんですねぇ。ありそうなモンなのに。


まーそんなコトがあったりしたんですが、先日もですね

「あ~っ!『パタリロ』の『美しさは罪』聴きてぇ~っ!!」

とか夜中になってね。
コレは曲が曲だけに、まぁ当然ダウンロードなんか無いだろうと思ってはいたんですがやっぱり無くて。んでもって「あ~っ!どーしても聴きてぇ~っ!CD注文する~っ!」とか何とか心の中でわめきながらAmazon見にいったら、無いじゃん。廃盤になってんですワ。

でもさ、アニメってのはよく「懐かしシリーズ」みたいのが発売されてたりするからさ、アタシは『美しさは罪』が聴きたいだけだから、サントラじゃーなくったって別に全然構わないんでソレを探してみたワケなんですよ。そしたらさ、オープニングの『パタリロ!』と第2期エンディングの『クックロビン音頭』はオムニバスCDに収録されていたんだけど(それも別々に・・・・)初期エンディングの『美しさは罪』だけ無いって一体・・・・・・。「♪パ、パパッパ」じゃないんだよアタシの聞きたいのは~~~。何なの・・・・・また権利関係・・・・・・それともただ単に発売してないだけなの・・・・・。

映像は見るコト出来るのさ・・・・。だってアタシDVD-BOX買ってんだもん・・・・・。だって見たかったんだもん・・・・・。仕方がないからDVDの『美しさは罪』で我慢しましたよ。
因みに、その時もらった↓

Pata









え~っと、パタちゃんとタマネギのストラップ?らしいのですがデカイし、チョット恥ずかしいので付けてないデス。でも、とっても良い出来のストラップだと思いマス。

ってゆーか、気が付けば何だかスッゴク続いてますねぇ、この漫画。こち亀の領域に達してきている気がする。今日アニメネタなんですが『パタリロ』だから何となくヅカともリンクするかしら~?するする、するよね!ってコトで下にチョットだけ公式サイトからヅカネタ記事。

偽造チケットにご注意ください

ってコトらしい。利用されてる方は注意致しましょう。
ってゆーか、あの台紙ってコピー出来るの?文字は比較的簡単に出来そうだけど・・・・。前に何だかあった時のですかねぇ。書いてある内容が何だかよくわかんないけど、とりあえずアタシもお世話になるコトあるかもしれないし、気をつけよう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-04

ココログのサイドバー折り畳み。

といった感じで、覚書。

本日は時間があったので久しぶりにココログのカスタマイズ。

いいかげん右バナーが「だらりんこ」、としてしまい、非常に見辛くなってきていたので『サイドバー折り畳み』とゆーワザを使用してみた。ホントは3カラム(3列)にしようかな~とか思っていたりしたんですが、アクセス状況を見るからに、800×600のディスプレイでこのブログを訪れて下さる方も多いみたいなんで「見辛いかな~」って考えたってコトと、ただ単にアタシがスタイルシート等を変更するのがめんどくさいからってのもあったり。


以前もお世話になったtako様の初心者向けカスタマイズサイト『初めてのココログ・カスタマイズ』を参考に・・・・・と言いますか、ほとんど丸写しさせて頂きました。

『初めてのココログ・カスタマイズ』/tako様

tako様、facet様ありがとうございました。
m(_ _)mペコリ。


とゆー感じで随分とスッキリさせるコトが出来た。
ヨカッタヨカッタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-03

『プリマダム』オリジナル・サウンドトラック CD

タイトルそのままなんですが、『プリマダム』のサウンドトラックCDが5/24に発売予定になっておりマス。



収録予定曲が↑に書いてなかったんでネットで調べてみたトコロ

1.歌劇「トゥーランドット」第二幕より『誰も寝てはならぬ』
2.さあ、ステージへ!!
3.4羽のガチョウ(鵞鳥)
4.ユニークなワルツ
5.プリマダム
6.困惑と誘惑
7.御気取りガヴォット
8.夕暮れプリマダム
9.窓辺に座って
10.我が心のトゥーランドット・鳴り止まぬ
11.あの頃の夢は・・・
12.風に乗って
13.キッチン会議
14.ハンバーガー・プリマダム
15.商店街サンバ
16.お隣のことは・・・
17.脂肪のステップ
18.帰り道
19.舞台の裏で
20.舞台が終わって

となっておりました。(写し間違ってなければ)
やっぱり明菜ちゃんの曲は収録されないのね~。
あ、明菜ちゃんのエンディングの曲は↓

【5/17発売 新作CD】ドラマ「プリマダム」エンディングテーマ中森明菜/花よ踊れ <2006/5/17>
【5/17発売 新作CD】ドラマ「プリマダム」エンディングテーマ中森明菜/花よ踊れ <2006/5/17>

カッコイイ曲ですよね~。

収録曲は予定らしいので変わるコトもあるかもしれませんが(この時期だと多分もう変更無いと思うけど)、とりあえずオープニングの『トゥーランドット』は収録されるみたいですネ。

今日も放送楽しみだな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和央サンの個人的ランキング。

ってな感じで、タカコさんの大劇場千秋楽も「始まったか~」ってチョット前に初日を迎えたと思ったら、もうすぐですねぇ。

そんなんで、アタシは和央ようかさんコト、タカコさんは特にご贔屓ではないのですがタイトルにある通り、ランキングでもやってみようかと。ファンでは無いアタシから見た『タカコさんが主役のCD・DVDジャケット「ビジュアル、イケテルヨ!」ランキング』(ナニソレ長いヨ・・・・・)。とりあえず、今現在発売済のモノだけですが。

まぁまぁ、そんでは・・・・・・ってその前に。今回はアタシの超個人的好みによる『ジャケット』ランキングなので、演目内容などなどは無視させて頂いておりマス。

第5位
ネオ・ヴォヤージュ(CD)
ネオ・ヴォヤージュ(CD)

↑大階段でのキメポーズがカッコイイ。

第4位
和央ようか Single Collection 1997~2005(CD)
和央ようか Single Collection 1997~2005(CD)

↑キャー!まだ宝塚アンでは画像登録がされてない~。
ジャケット画像は↓でどうぞ。

TCAピクチャーズ内『和央ようか Single Collection 1997~2005』

第3位
BOXMAN(DVD)
BOXMAN(DVD)

↑コレは公演も凄くヨカッタ!タカコさんのスーツ姿も素敵でしたし、マリー・ハナフサが年相応の役で無理がなく、コンビのバランスの良さが活かされていた舞台でした。

第2位

Next Generation Next Generation
和央ようか 宝塚歌劇団宙組 SASA


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑このCDはエイベックスから発売されたのですが、いつもと違う感じが新鮮。その時の公式HPは ココ。試聴は↓

TSUTAYAサイト内
『Next Generation/和央ようか 他宝塚歌劇団宙組』



第1位
炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ(DVD)
炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ(DVD)

↑コレって以前も好きだ~って書いた気もするんですが、宝塚のDVDでは珍しくトップさんがバーンってしてなくてタイトルロゴとも合ってるし、素敵なデザインだな~って思っておりマス。


作品的にアタシがタカコさん主演作で一番好きだったのは、やっぱり『ファントム』になるのですが↓

ファントム(DVD)
ファントム(DVD)

ジャケット的には、ポスターを使用している主題歌CDが好きです。
ポスターのタカコさん超カッコイイし↓

ファントム 主題歌(CD)
ファントム 主題歌(CD)



怪我はもう大丈夫なのでしょうか?「忙しいだろうから休んでる時間あるのかな~」とか、やっぱり心配になったりするんですが、千秋楽まで頑張って欲しいデスネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-01

検索『聖飢魔Ⅱ』でご覧頂いている皆様が。

4/18の記事を書いてからチョコチョコと『聖飢魔Ⅱ』でこちらのブログをご覧頂いている方がいらっしゃった様なんですが、金曜日(4/28)の夜くらいから突然『聖飢魔Ⅱ』関係と思われるアクセスが増え始めて土曜日(4/29)へと日付が変わった深夜2時過ぎくらいから更に増え。

「い、いったい何が起きたのでしょう~???アタシ何か悪いコト書いてたっけ???そ、そんなコト無いよねぇ・・・・・」と少しアセり気味だったのですが、どうやらNHK総合放送で『聖飢魔Ⅱ地球デビュー20周年記念 恐怖の復活祭』が放送されたのでその影響らしい。ってゆーか、知らなかった。見たかった・・・・・。再放送して欲しい・・・・・・。そーゆー希望は、NHKにメールすれば良いのだろうか。やったコト無いからよくわからんのですが。

んでもって検索にかかったその記事内容は聖飢魔Ⅱと関係が無いワケではないものの、あまりお役に立たない内容だったと思われるので、なんだか申し訳ないなぁ・・・・って思っておりマス。

あ、この記事のカテゴリーに『宝塚』が入っているのは後で書く内容でチョットだけ聖飢魔Ⅱ絡みのヅカネタがあるので一応カテゴリーに入れてみました。


アタシはガキンチョの頃、友人が聖飢魔Ⅱの信者(ファン)で一緒にミサ(コンサート)とか行ったりしていたんだけれど、そのうち音楽云々どころでは無くなってしまい、いつの頃からか、聖飢魔Ⅱもそーなんですが、音楽自体と離れていったのでした。

聖飢魔Ⅱのミサに初めて行くコトになった時、ウチの母はなかなか厳しい人だったので、あの外見を見て「な、なんだって!?あんな怪しげなバンドのコンサートに行くだって!?」ってな感じだったんですが、誘ってくれた友人が2人とも真面目な子だったってゆーコトと、その子の親が送り迎えをするってゆーので了承してくれたのでした。

まぁんでもって、アタシの楽しい(?)悪魔教信者ライフが始まっていったんですワ。多分『夕焼けニャンニャン』(でしたっけ?)とかに聖飢魔Ⅱが出ていた頃かなぁ・・・・。あまり記憶が定かではないのですが。テレビとかに聖飢魔Ⅱは出演するコトが多かったんで、ウチの母も番組を一緒に見たりしていて「それほど危ない人達(悪魔だけど)ではないらしい」と認識したってゆーコトと、もともとKISSを知っていたってゆーコトもあったのか、うるさく言われるコトもなく。

聖飢魔Ⅱってあの外見なんでイロモノバンド系とかキモバンド系とか思われやすかったんですが、実際音楽聴いたりした人は判ってると思うんですけど、音楽的なレベルはとても高いですし、徐々に正当な評価になってきている気がします。


まぁそんなこんなありつつ、音楽中心の生活は遠くなっていったんですが、暫く離れていた聖飢魔Ⅱのミサにアタシが久しぶりに行ったのは1999年の最後のツアー。

Seikima2_1   



↑ツアーパンフ

やはりコレは。
因みに、再結成の時(2005年)は行けませんでした(涙)

書いていたら色々と思い出すワ~。オールナイトニッポンの「ダダダダ大徹」とか「ビデオジャム」とかも~。あ~懐かしい気分になっちゃったり。「ビデオジャム」とか「オールナイトニッポン」に初めてSgt.ルーク篁Ⅲ世参謀が出演した時「ヨロシクオネガイシマス」みたいな雰囲気で「随分おとなしい人(悪魔だけど)だなぁ~」ってな印象が、時が経っていくうちに「よく話す人(悪魔だけど)だなぁ~」に変わっていったりってなコトも懐かしいワ~。

今でもね、結構気にしたりして見たりはするんですよ。先日のデーモン閣下のNHK大相撲中継のゲスト解説も見てましたよ。土曜日の特番は見逃したワケなんですがね・・・・・・・。

ってな感じでカテゴリー『宝塚』ってのは結局なんじゃってな話ですが。
え~っとですね、今アタシは宝塚ファンなんですが、宝塚歌劇団のアサコちゃんコト瀬奈じゅんさんが過去のコンサート「SENA!」で、聖飢魔Ⅱの曲を使用しているんですワ。『EL・DO・RA・DO』と『BAD AGAIN~美しき反逆~』ね。このコンサートはアタシは行かなかったんですが、使用曲を知った時「え、そうなんだ・・・・・。DVD買うか・・・・・」と購入してしまった・・・・・・。

瀬奈じゅん コンサート 「SENA!」(DVD) 瀬奈じゅん コンサート 「SENA!」(DVD)
↑コレ。

この時も「アタシの好きな曲やって欲しかったワ~」とか一瞬思ったりしたんだけど、考えてみたら

アタシの好きな曲↓
「地獄の皇太子」「THE END OF THE CENTURY」「JACK THE RIPPER」「FIRE AFTER FIRE」「魔界舞曲」「アダムの林檎」「秘密の花園」「FROM HELL WITH LOVE」等々・・・・・・

「コ○セェ~!」←タカラジェンヌにはまず無理。
歌詞に「悪魔」←絶対無理。
歌詞に「地獄」←絶対無理。
タイトルが「魔界舞曲」←無理。
タイトルが「秘密の花園」←なんとなく無理。

とゆーコトで、選曲は妥当だったと理解したのでした。あ、因みにタカラヅカ仕様ですので、信者の方はソコのところどうぞ宜しく・・・・・・。

うぅ~ん、今日は夜霧の横綱審議会とか色々と思い出して懐かしく、楽しい気分になれました


聖飢魔Ⅱオフィシャル SEIKIMA-II.COM『魔人倶楽部Ⅱ』

聖飢魔Ⅱはカッコイイネ!


関連記事→4/18『聖飢魔Ⅱのカヴァーアルバム』

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2007年1月 »