« 友の会と親友に。 | トップページ | JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS »

2005-05-22

エリザベート東京千秋楽

本日観劇してきました。凄く良かったです。
とても感動しました。
感想などは夜にでも書きたいとは思っていますが
さすがにチョット疲れたので、しばし休憩をば。



【休憩終了】

お風呂入ったらスッキリした。
それでは、本日の観劇感想など。
先に書いておきますが、小さな頃から
作文・レポートは大嫌いです。
かなり話が飛びまくり、意味不明になります。
書くのやめようか、とも思いましたが
今日の自分の感動を書き残しておきたかったので。



幕が開き、最初のルキーニ登場の時に
「あ~、今日はさすがに気合入ってるな~」と感じました。
さえちゃんトート登場では、いつもより落ち着いた感じを受けました。
すごく綺麗でした。
そのまま熱い舞台は進み、さえちゃんの熱唱で一幕は終了。

休憩の時に感じたのですが、やっぱり宝塚の
ファンの方が多い千秋楽公演は、本当に良いです。
貸切とか、普段の公演も悪くはないのですが
なんといいますか・・・・・生徒さんに対しての思い、
宝塚に対しての思いがとても暖かい方が多いといいますか・・・。
宝塚っていいな、って思えます。
↑意味不明なので次へ。



2幕。
ルキーニのアドリブは千秋楽仕様に。
アドリブでセリフを少し言った後
2、3本位の赤い薔薇の花束(だと思うけど)を投げて
1列目の方が取ったので
「1番前の人が取っちゃった、面白くないな~」
といった感じの事を言いつつ
「嘘をつくのも今日が最後!鳩が出ますよ!!」
だったと思うのですが。
う~ん、記憶力ないのか・・・・曖昧です。

その後も熱く舞台は続き。
黒天使さん達、いつも凄いのですが
本日は更に気合入っていて素敵でした。

終りが近づくにつれ、周囲ではすすり泣きが。
私はそういうものに弱いのでつられて
泣いてしまいそうでしたが、結構我慢できていました。
でも、さえちゃんが最後の証言の場面で白い衣装で出てきた時は
「あ、もうすぐエリザベートは終わってしまうのか」
と考えてしまい、ちょっと泣いてしまいました。
昇天のシーンは、さえちゃんは最初と同じ様に
すごく落ち着いた表情をしていて、とても綺麗でした。

フィナーレへ。
ガイチさんの熱唱は、いつ聴いても素晴らしいです。
歌が上手という事もあるかとは思いますが、
何だか気持ちの良い声で、聴いていると安心します。
その後のロケットですが、私はエリザベートのロケットが
1番好きですので、これも見納めかと思ったら残念です。
ソロ・群舞と続き。
大階段で4人になった場面では、胸がジーンとしました。
アサコちゃんとのデュエットが終わって銀橋での
2人の笑顔。とても素敵でした。

パレードへ。
私が最強エトワールと思っているちずさん。
ホントにホントに凄いです。
頭の中がブルブルします。脳が震えます(少し意味不明)
でもホント、それくらい凄いと思います。
「さえちゃんの羽を背負っている姿もこれが最後なのか・・・・」
と、フィナーレでも胸が熱くなるものがありました。

さよならショーへ。
順番は大劇場と同じだと思います。
大劇場でのさよならショーは観劇していませんが
DVDを見てましたので。

ベルばらの映像での『1人ベルばら』場面はDVDでは
一体何がどうなっているのかよく判らなかったのですが
実際生で見たら、ドリフの様でウケました。
周囲からも、その面白さに笑いがおきていました。
「さえちゃんのさよならショーらしくって、こんなのもいいかな。」
って思いましたが、アレは一体何を狙った演出なのでしょうか?
笑い??

『ジャワの踊り子』のガルーダは、私は超好きなシーンでしたので
最後にもう一度見る事が出来て嬉しかったです。
そして、
「あの時のお披露目から1年なのに、
           さえちゃん随分立派になったなぁ・・・」
とウルウルきましたが、我慢しました。

『飛鳥夕映え/タカラヅカ絢爛Ⅱ』では、
私は初めての大劇場1人観劇を経験したりして
個人的に思い出がいっぱいある公演ですので
曲を聴くだけで色々思い出しました。
アサコちゃんの男役も、もの凄く久しぶりに見ましたが
やっぱりカッコいいです。
そして、男役での歌がすっごく上手くなっていて驚きました。
エリザベート役で鍛えられたのでしょうか。
これからのアサコちゃんの男役、非常に楽しみです。

一番最後のさえちゃんのソロの場面のペンライトは
観客全員そうだったのかは不明ですが、私の席の物は
3色(正確に言うと、ライト中央部分は色が無いので4色)でした。
休憩中にも思いましたが、ここでも
「宝塚って、暖かくていいな」と思いました。

ショーも終り、組替・退団挨拶へ。
いつも思うのですが。
ゆらさんは、なぜあんなに覚えられるのでしょう。
あれだけの記憶力が私も欲しいです。

るいるいの組替挨拶。
可愛い挨拶でした。
るいるいは大好きな娘役さんで、
バウではゆーひ氏の相手役さんでした。
宙組に行ってしまうのは、とても残念なのですが
是非是非、頑張って頂きたいと応援しております。

りえこちゃんの退団挨拶。
明るいご挨拶でした。
最後まで、にっこり笑顔でいてくれました。

ちずさんの退団挨拶。
ここまで、私は涙をかなり我慢してきました。
が、ちずさんのご挨拶では勝手に涙がぼろぼろ出てきました。
この退団挨拶で、ちずさんが、どれくらい宝塚を愛していたかが
痛いほどよくわかりました。本当に素敵な人です。

さえちゃんの退団挨拶。
同期からのお花はぐんちゃんでした。
何かスッキリした様な、清清しいご挨拶でした。
さえちゃんは笑顔がとても素敵です。
ご挨拶も笑顔でした。

カーテンコールは5、6回位はあったかな?
曖昧なのですが。
2回目位のカーテンコールの時に
さえちゃんが「グイッ!!」っとアサコちゃんの手を引っ張って
センターに連れて来て一緒に立ち、
「え?何だろう?」といった感じの顔をしたアサコちゃんの横で
「これからも、瀬奈じゅん率いる新生月組を
               どうぞ宜しくお願い致します!」
的な事を言ったら、アサコちゃんの顔が崩れて
泣いてしまっていました。
私もジーンときて泣いてしまいました。

一番最後に銀橋を退団者3人で歩いていって、
最後にさえちゃんは投げキッスをした後
そのまま下手の緞帳の所に入っていったのですが
最後の最後の所でちょっと止まり、「チラッ」っと
顔を出すリアクションをし、ニッコリ笑顔で去っていかれました。

かなり記憶力もないうえに、文章力もなく、
意味不明だと自分で思うこの感想。
書き足りないというより、文章力の無さで
書けないトコロが本音です。

とりあえず、とってもとってもとっても
素晴らしい千秋楽だったと思います。

さえこさん、ちずさん、りえこちゃん。
本当にお疲れ様でした。
月組の皆さん、素敵な思い出を本当にありがとうございました。



|

« 友の会と親友に。 | トップページ | JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99138/4236507

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベート東京千秋楽:

« 友の会と親友に。 | トップページ | JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS »